ホームレス小谷のもっと他力本願!

このブログは、清々しいまでに人に頼って生きる小谷が、さらなる頼りを求め 魅力ある人たちに出逢っていくブログとなっております!

017 もっと他力本願!第3回 〜其の2〜

 

おーい!みんな!こっちへおいでよ!

 

第3回 ~其の2~ 始まるよ!

 

てなわけで、前回から引き続きゲストさんは

 

 

 門平隆太さん

 

f:id:takuchanpeople:20161122173438j:plain

 

 

加藤マニさん Twitter

 

f:id:takuchanpeople:20161122173448j:plain

 

 

サイトシキさん Twitter

 

は、まだ到着せず! ( 到着は、けっこう後の回になりそうでやんす )

 

 

てなもんで、其の2 スターツッ!

 

 

50円

 

知らないこともあると思うので、お2人に小谷さんの素性を話した方がいいんじゃないですか?

 

小谷:なるほど 僕は3年くらいホームレスをしてまして1日を50円で売ってなんでもやってるんです で、年に1回音楽のフェスをキネマ倶楽部ってとこでやらしてもらってまして チケットは全部手売りで、1000枚くらいかな?2日間会場を借りてやってるっていうのが基本ベースでして、あとは海外、日本を回ったりしてますね

 

マニ:ちょっと前に炎上した50円で自分を売るって人のオリジナル版ってことですよね?

 

小谷:あーアイツですね 笑 宮森はやとですね

 

アイツか 笑

 

小谷:あんまり名前出しちゃうとワルいけど、宮森は昔っからの知り合いです

 

マニ:あっ!そうなんですね

 

小谷:僕、結婚もしてて 嫁は愛知県にいるんですけど 結婚式を花やしきを貸し切ってやったんです その時にスタッフで入ってくれてましたね

 

マニ:50円で自分の1日を売ってなんでもしますって言って、そしたらTwitterの“コワい”人たちに見つかってしまって「日雇いで働いて、その給料をよこせ!」と ルールの盲点というか

 

小谷:揚げ足取りというかね

 

マニ:非建設的ながら、それでも日雇いに行ってもらえたら収まったんだと思うんですけど、けっこうイヤがっちゃったんですよね

 

門平:それで、なんでもやるんじゃねぇのかよ?と

 

小谷:そうなんすよねー そっからキリなくなっちゃって

 

マニ:趣味悪いと思いつつ、すんごい楽しかったです

 

一同:笑

 

小谷:笑 あれは見る分にはおもしろかったですね まあ、それの基になったというか

 

マニ:なにかルールはあるんですか?「これはできない!」とか

 

小谷:無いです!

 

門平:え?「日雇いやれ!」ってのもやるんですか?

 

小谷:やりますやります 僕、絶対やりますね

 

一同:えー

 

小谷:だって、あとからしゃべれますしね 笑 

 

ネタになりますよね

 

小谷:あの流れを見ててね、かなりのムチャぶりがあって パッと見たとき おもろいなと思ったんが、色んなコンビニのフライドチキンありますやん ファミチキとかLチキとか それを全種類買って、ハトにばら撒いて

 

マニ:ありましたね! 猟奇的でよかったですよね

 

小谷:どのフライドチキンがハトに人気なのか順位をだしてくれってのがあって、メッチャおもろいなと思って 僕がやりたいぐらいですもん

 

共食い感もありますしね

 

小谷:そうそう! 葛飾のハトはLチキなんや!とかあったり そんなのもあって、あれは見てておもしろかったですね

 

門平:同じ場所でやるなら、日を置いてやらないとですね 

 

一同:笑

 

小谷:日を置いて!?

 

門平:厳密にやるなら日を置いて同じ時間に違うチキンを撒かないと、お腹いっぱいになっちゃうと。。。

 

マニ:全部を同時に撒けばいいんじゃないですか

 

門平:それでいきますか!

 

マニ:ハトが多く寄るチキンで順位を付ければ

 

門平:なるほど

 

小谷:あれ?1回やりました?

 

一同:笑

 

小谷:お2人、なんか色んなパターンが出てきて詳しいですけど 笑

 

マニ:愛護団体が怖いですね

 

小谷:いざやるとなると怖いすね でね、今 50円で自分の時間を売るっていう人がけっこう増えてて、色んな職業の人がやってたりするんですよ 例えば、カウンセリングを50円でとか、整体を50円でやりますよとか、職業としての賃金を50円でやるっていう人が増えたんですよ

 

:小谷さんは整体できるんですか?

 

小谷:僕ですか?50円クォリティーですよ

 

一同:笑

 

小谷:やるけども!ってことです!

 

ただ、押すっていうだけの

 

:やってもらおうと思ったけど、危険ですね。。。

 

一同:笑

 

 

独立できるよ、みたいなことを聞いて

 

小谷:すいません 門平さんって、今 ご職業は何をされてるんですか?

 

門平:仕事は税理士です

 

小谷:え!?税理士なんすか!?

 

元バンドマンってことで、今日は長田さんから繋がって283 Twitter さんからの紹介なんですよね

 

門平:そうです 長田さん、憲さんって呼んでるんですけど、憲さんと283が前にバンドやっててそこからですね

 

小谷:もともとバンドをやられてて、そっから税理士になられたと

 

門平:バンドで一山当てられないなら、他でやるしかないと思って 勉強してみようと

 

小谷:へー それがなんで税理士だったんですか?

 

門平:税理士なら独立できるよ、みたいなことを聞いて

 

小谷:あー そういう情報を聞き入れてて

 

門平:それと、一発で何科目も取んなきゃならないわけじゃなくて、5科目必要なんですけど 何年かけてもいいんですよ

 

小谷:期限が無いんや

 

マニ:5科目が揃えばなれるんですね

 

門平:そうですそうです で、先に取った科目の期限が切れるってことも無くて

 

小谷:そうなんや じゃあ、何かと一緒にというか ついでにできますよねぇ?

 

門平:そうなんです ついでにやってて取れる人が多かったりするんですよ

 

:RPGみたいな感じありますよね

 

門平:あ、5個集めたらみたいな

 

一同:笑

 

小谷:たしかに!

 

ドラゴンボールみたいに!

 

門平:しかも、7個も必要ないですから!

 

小谷:縮小してるドラゴンボール

 

門平:どんな願いでも叶うってわけじゃないという

 

一同:笑

 

 

確定申告

 

税理士さんということは、税金に詳しいと

 

門平:はい、そうですね

 

で、バンドを経験されてたと

 

門平:はいはい

 

バンドマンって確定申告したほうがいいですよね?

 

小谷:あ、そうなんすか?

 

僕もバンドやってる時、確定申告してて 色々と経費として扱ってたんですよ それで、けっこう税金が返ってきて

 

門平:したほうがいいです

 

ですよね!

 

一同:笑

 

小谷:なんかバンドマンらしからぬ行為ですね!ぜんぜんいいと思いますけど!笑

 

門平:たまにいますね、そういうことに詳しいバンドマン 個人事業主でやってます、みたいな

 

かなり返ってきますよ!

 

:ROCKじゃないっすね!

 

一同:笑

 

小谷:みんながROCKをやってる時に、逆にROCKかもしれない!

 

一同:笑

 

 

ブルースサイドアタック

 

今回、この他力本願!第3回目なんですけど、門平さんまでの2人(長田憲さん→283さん)は知ってると

 

門平:はい 2人とも知ってますね 283が長田さんと組んでバンドやる前から283のことは知ってて

 

小谷:長田さんって、これの一番最初に出てもらった人で

 

マニ:はい

 

小谷:宙さんの元上司で

 

:そうなんです

 

小谷:元バンドマンで、かなり過激派の

 

門平:過激派ですねぇ あれはアタマおかしいですね

 

一部:笑

 

小谷:ライブハウスを出禁になりまくった、みたいな

 

マニ:どんなバンドをされてた方なんですか?

 

門平:ブルースサイドアタックっていうバンドをやってて

 

マニ:ふんふんふん

 

:けっこう有名なんですよね

 

門平:楽器がワイヤレスでどこでも行っちゃうっていう

 

マニ:なるほどなるほど

 

:みなさんリスペクトされてるんですよね

 

門平:いや、誰もしてないです

 

一同:笑

 

小谷:みんなから愛されてるんです!

 

一同:笑

 

:今は地方のオッサンを追いかけてるっていう

 

小谷:バンド解散した理由ってのが、地方の東北かどっかの60歳くらいのオッチャンを見て“コイツはおもしろい!プロデュースしたい!”ってのが芽生えてきて、バンドを解散して そのオッチャンを推すために起業したっていう

 

長田さんのバンドがメジャーデビュー寸前って言ってましたね

 

小谷:そうそう、メジャーデビュー寸前でね

 

門平:思考回路が追い付かないですよ

 

一同:笑

 

小谷:でもね、これのあるあるというか、まだ3回目やからわかんないですけど、長田さんからの紹介、繋がりの人って表情が長田さんに似てるんですよ

 

一同:笑

 

小谷:ちょっと似てんねん!これ、なんなんやろ!283さんもですけど

 

長田さんって、地元で土木作業員やってて“これじゃダメだろ”って思って早稲田大学行ったって言ってたじゃないですか

 

小谷:あ!言うてました!

 

門平さんもバンド辞めて税理士になる、みたいな 急にアタマ良いな!っていう

 

小谷:たしかに!ホンマや! なんというか、反動でやるっていうのはパンクですけどね

 

門平:反動かもしれないっすわ ホントに

 

 

そうなの!バンドマンとか、アーティストの方々は確定申告をしたほうがいいの!

 

全ての武器を楽器に!

 

全ての払い過ぎた税金を飲み代に!

 

それと!ゲストさんを紹介してくれた ここまでの繋がりなんかは、過去の他力本願!をお目通しシクヨロ方面で!

 

其の2はここまで!其の3に続くんだからっ!

 

 

 

こちらのブログの更新情報などをTwitterで告知しております

ホームレス小谷のもっと他力本願!Twitter

フォロー シクヨロ方面で!

 

 

編集:ヌマタリョウ Twitter

 

 

 

 

 

016 もっと他力本願!第3回 〜其の1〜

 

:開けてもらっていいですか

 

小谷:いや!今、俺しゃべろうとしてたで!

 

 

というわけで第3回でございます

 

場所は、第1回と同じくシェアハウス「宙船」でございます

 

BOSSの宙ちゃん Twitter が料理を作ってくれるとのことで、小谷がドレッシングの固い蓋を開けるところからの入り!

 

まずは、今回のメンバーを紹介しますねっ!

 

 

第2回のゲストさんたちからのご紹介

 

283さんから Twitter

➡ 門平隆太さん

 

f:id:takuchanpeople:20161116215822j:plain

 

 

 

クロマティーゆうやさんから Twitter

➡ 加藤マニさん Twitter

 

f:id:takuchanpeople:20161116215914j:plain

 

 

 

川上琢人さんから Twitter

➡ サイトシキさん Twitter

 

サイトシキさんは、手前の仕事が押してるとのことで 少々遅れての到着予定!

 

 

 

そして、この男!

 

大山虚偽!

 

あ!

 

間違えた!

 

全部逆にしちゃった!

 

訂正っ!

 

小谷真理Twitter

 

f:id:takuchanpeople:20161116220928j:plain

 

 

 

というわけで、こんなメンツで第3回スターツッ!

 

 

小谷:これどうやって開けんの?なあ?

 

加藤マニ:これってもう録られてるんですか?

 

はい、録ってます

 

マニ:「開けてもらっていいですか」のところから?

 

はい

 

小谷:どんな流れやねん!この蓋どうなってんの!? …さっきも少し話してたんですけど、マニさんは学生の頃から映像を撮ってらしたと …蓋開いた! どういうきっかけでその世界に興味をもったんですか?

 

マニ:ビデオカメラが家にあったので、金田一の佐木くんみたいな なんでも撮ってるヤツで

 

小谷:金田一!おったおった!笑

 

マニ:あんな感じでしたね

 

小谷:なるほど!用は無いけどなんか撮ってたんですね

 

マニ:そこから編集するのも好きで、高校になるとバンドをやりだして そうするとそういう人がいると便利じゃないですか

 

小谷:たしかに

 

マニ:ライブを撮ったりしてましたね

 

小谷:バンドでは何の楽器を担当してたんですか?

 

マニ:わたしはドラムでした

 

小谷:あ、ヌマタさんもドラムでしたよね?

 

はい、僕もドラムやってました

 

門平隆太:僕もドラムでした

 

一同:えーっ!

 

小谷:やっぱね、ドラマーは集まりやすいんですよね

 

一同:笑

 

門平:そうなんすか!?

 

マニ:なんか寄っちゃいますよ

 

小谷:僕ね、聞いたことあるんですけど ドラマーってバンドの中でも浮くらしいっすね

 

一同:あー

 

小谷:聞いた話ですよ ギターとベースって目くばせができるらしいんですけど、ドラマーってやっぱひとつ後ろにいるから なんかわからんのですって で「こんな流れかな?」ってやるらしいんですけど、間違えてしまって後から「お前なんでわかってへんねん!」ってメッチャ怒られるという

 

門平:ドラムやってて浮いちゃうのは、曲作ってるときにメロディーが決まるじゃないですか ドラマーはメロディーって関係ないんですよ ボーカル、ギター、ベースがメロディーというか

 

マニ:ほぼリズムしかないですから シンバルの音階とかを考えたりをしなくもないですけど あとはモタるハシるをドラムのせいにされて怒られる問題が

 

小谷:メッチャ イヤや~ん 

 

マニ:演奏が上手くいかないせいにされやすいですね

 

小谷:メチャクチャやん! 本人からしたら「そっちが…」「ギターが…」みたいなの絶対ありますもんねぇ

 

門平:そのくせ、目立てないじゃないですか

 

小谷:そうなんですか?僕のイメージだとXJAPANとか…

 

YOSHIKIぐらいじゃないですか?

 

一同:笑

 

小谷:ドラマーで目立ってるのはYOSHIKIだけなんですねぇ

 

門平:ライブハウスによっては照明当たってないとかありますよ

 

マニ:大きいとこだと台の上にドラムがあって客席からも見えるんですけど、街箱だとほぼほぼ見えないすよ

 

小谷:そうなんすね ドラムが置いてある台の上からメンバーがみんなでジャンプして“バーン”っていうイメージですけどねぇ

 

マニ:台があってやっと立ってるお客さんと同じ目線ですから

 

一同:笑

 

小谷:ドラマーって認められるまで時間がかかるポジションなんですね 笑 でも皆さんは、なんでドラマーになろうと思ったんですか?

 

門平:単純に一番カッコいいとは思ったんですけどね

 

小谷:マニさんも?

 

マニ:じゃんけんで勝ってドラムになったんですよ あ、あれがあったじゃないですか、コナミのゲーセンにあったヤツ

 

小谷:あー!ドラムマニアや!

 

マニ:それをやってみて「意外とできるぞ!」って思って

 

小谷:“意外とできる”ってなったら、楽しいし やる気でますもんね

 

マニ:そうなんすよね

 

小谷:ギターとかってやっぱムズイですよね?

 

マニ:あの3つのボタンのヤツとは全然違うでしょうね(ギターフリークス)

 

一同:笑

 

小谷:そんなんありましたね 笑 ドラムを始めた頃って何年前になります?

 

マニ:今31歳になったので、14~15年前ですか

 

小谷:そうっすよね その頃 ゲーセンで流行ってましたよね

 

小谷:ちなみに世代として、ストライクのバンドって誰になるんですか?

 

マニ:わたし、NUMBER GIRLです

 

小谷:おー!僕もメッチャ好きで見に行ってましたよ ZAZEN BOYSになってね

 

門平ZAZEN BOYSは行ったことあるかもっす

 

小谷NUMBER GIRLメッチャ人気あったんすよ 田渕さんね

 

門平:ギターのね bloodthirsty butchersに行った

 

小谷:そうそうそう!あー、NUMBER GIRLすね 懐かしい、アルバム持ってたわー 門平さんは誰でした?

 

門平:好きだったのはTHE YELLOW MONKEYとか、奥田民生とか

 

小谷:そっか、いっこ前になるとそうなりますよね

 

門平:あとBLANKY JET CITYとかね やってたバンドはそんな風なカッコいい感じじゃなくて、もっと泥臭いバンドでしたけど

 

小谷:いいじゃないですか!泥臭いの

 

門平:そうっすか?ぜんぜんモテないっすよ

 

一同:笑

 

マニ:なんていうバンドだったんですか?

 

門平:“キチベヤ”っていうバンドだったんですけど

 

マニ:“キチベヤ”ってカタカナですか?

 

門平:そうです

 

マニ:あ、バンド名は見たことあります

 

小谷:え!?そうなんすか!?

 

門平:ステッカーはメチャクチャ貼ってました

 

マニ:うんうんうん

 

小谷:なるほど!ステッカー貼りまくってアピールしてたんですね! 確かにライブハウス行ったらいろんなバンドのステッカー貼ってますわ

 

門平:アレはムダですね

 

一同:笑

 

小谷:なんでですか マニさんも知ってたし

 

門平:名前だけ先行しちゃうっていう まあ、知らないよりは知ってたほうがいいか

 

小谷:そうっすよ ちなみにマニさんが当時やってたバンド名はなんていうんですか?

 

マニ:そのときは“コアラズ”っていう名前でした

 

一同:笑 カワイイ!

 

マニ:スペルがかっこいいんですよ アルファベットで“KOALAS”なんです

 

小谷:いいっすね!

 

 

ってな感じで、初めましてトークはドラマーつながりからの バンドトーク

 

まあ、こっから酒の方も含めて どんどん深くなっていきますから!

 

次回を お楽しみに!

 

 

 

こちらのブログの更新情報などをTwitterで告知しております

ホームレス小谷のもっと他力本願!Twitter

フォロー シクヨロ方面で!

 

 

編集:ヌマタリョウ Twitter

 

 

 

 

 

015 もっと他力本願!第2回 〜其の8〜

というわけで第2回最終回ですよ!

 

最後は前回と同様、ゲストのみなさんのお気に入りアイテムを持参してもらい、紹介して頂くコーナーです!

 

はい、ドン!

 

 

小谷:じゃあ、そろそろあのコーナーにいきましょうよ、一品入魂!(小谷がここで勝手に叫んで、勝手にタイトルとした)

 

ありますか?みなさん

 

ゆうや:持ってきましたよ

 

小谷:好きなモノ、お気に入りのモノを紹介してもらうっていうコーナーですね

 

川上:ぜんぜん使ってないヤツですけど。。。

 

小谷:なんでだよ!

 

f:id:takuchanpeople:20161003020023j:plain

 

川上:小学校の時のモノなんですけど

 

小谷:なになに?

 

一同:なにそれ?

 

小谷:ゴボウやん!なんですか?それ

 

f:id:takuchanpeople:20161003015640j:plain

 

川上:笑 小学校1~2年の頃に担任の先生が、そこらへんに落ちていた木の枝を拾って えんぴつみたいにして作って、それをくれたんです なんかずっと持ってるんです

 

ゆうや:保存状態もいいよ

 

一同:笑

 

オーパーツみたいな

 

小谷:オシャレやん 遊び心のある先生やね

 

283:それで今、アニメーション作家やってるってのもまたねぇ

 

ゆうや:もっとスゴイ ウソのエピソード考えましょうよ!

 

一同:笑

 

小谷:いや!今でも十分やろ!

 

:283さんが小声で「いくらでも仕上げられそう」って言ってましたよ!

 

一同:笑

 

ゆうや手塚治虫から。。。

 

小谷:盛りすぎやろ!え?川上、これなんやったっけ?

 

川上宮崎駿から。。。

 

小谷:無理やろ!

 

一同:爆笑

 

小谷:なんでやねん!小学校の頃 担任の先生がくれたでエピソード十分やろ!

 

ゆうや:いや、お金になるエピソードを。。。

 

小谷:21歳にあんまり悪いこと教えないでください!怖い怖い怖い!

 

ゆうや:“はやお”の漢字を変えればいいんだよ

 

小谷:ヤバイバイ!しまえしまえ!

 

一同:笑

 

小谷:まあ、これが小学生の頃の思い出なんやな

 

一同:素晴らしい

 

小谷:これが今の川上のスタートかもしれないもんな これもらった頃って、絵を描いてたの?

 

川上:いや、書いてないっすね

 

ピアノ一筋

 

川上:そうっすねぇ

 

小谷:先生は予想してたんやな

 

283:そうだよね 人によってはゴミだもんな

 

一同:爆笑

 

小谷:はいはい 次いきましょう!笑

 

ゆうや:じゃあ、僕いっていいですか

 

小谷:なんでしょう

 

ゆうや:いまだにテレビゲームが大好きで、プレステ4のコントローラーです

 

f:id:takuchanpeople:20161003015929j:plain

 

一同:うわー

 

283:持ってる持ってる!

 

ゆうや:プレステ4持ってるって、男のステータスじゃないすか

 

小谷:そうなんすか?ぜんぜん持ってないわー 俺

 

ゆうや:単純にプレステ4のなにがスゴイかって、例えばゲームの中でトランシーバーを使ってる場面があると。。。

 

283:それなんだよなー!

 

一同:笑

 

ゆうや:そうすると、トランシーバーの声はここから(コントローラーのスピーカー)から聞こえるんです

 

小谷:それ、メッチャスゲェ!

 

ゆうや:ゲームの中でパトカーに追われると、これがピカピカ光るんです

 

一同:スゲー

 

小谷:リアリティあるなー ずっとゲームお好きなんですか?

 

ゆうや:もう、ファミコンのゲームも大好きで

 

小谷:あ!だからTwitterのアイコンが くにおくんドット絵なんですか?

 

f:id:takuchanpeople:20161003020313j:plain

 

ゆうや:そうですそうです!

 

283:ゲーマーか!オラ!

 

川上:「オラ!」の意味がわかんないっすよ!

 

ゆうや:行間多すぎですよ!

 

一同:笑

 

ゆうや:まあ、田舎で生まれたんで。。。

 

283:いやいや!田舎は関係ない!田舎の人はすぐにねぇ、娯楽が他に無かったって言ってオタク文化のことを言うんだよ

 

一同:笑

 

ゆうや:僕は好きっすよ!ホントに!

 

283:同じファミコン世代だもんな

 

f:id:takuchanpeople:20161003020442j:plain

 

小谷:いや、いいですねー じゃあ、283さんも お願いします!

 

「イヤァーーーーーーーッ!!!!!!!」と、隣の席の女性の悲鳴が!

 

小谷:うわぁー!ビックリした!

 

一同:ネズミネズミ

 

ゆうや:今、ネズミが向こうに行きましたよ!

 

ドラえもんいなくてよかったな!

 

小谷:今、僕の膝の上を!ねえ!(隣の席の方々に)

 

:はい!

 

小谷:意気投合!いやぁビックリしたぁー!

 

ゆうや:デカかったっすよ!

 

一同:怖えぇよ 

 

 

~ 気を取り直しまして ~

 

 

283:これ!KIRIMIちゃん

 

f:id:takuchanpeople:20161003020606j:plain

  

小谷:KIRIMIちゃんメッチャ好きっすやん!

 

一同:笑

 

小谷:これに付けてるのは楽器ですか?

 

283:そう カズ―っていう楽器 これね、僕 KIRIMIちゃんが好きで、全部お客さんにもらったんです

 

小谷:KIRIMIちゃんのどんなとこが好きなんですか?

 

283:このデザイン見てさぁ、アタマワルイと思わない?

 

一同:笑

 

283:KIRIMIちゃんの誕生日 8月31日、これ野菜の日 しかも、切り身になった日でもある

 

一同:へ~

 

283:わかります?鮭から切り身になった日

 

一同:笑

 

283:色々おかしいのよ こうやって、たまぁにサンリオって ぶっこんでくんの

 

小谷:なるほど!そこが魅力というかね

 

283:たあ坊とかもさぁ、ちょっとアレでダメで

 

一同:なるほどね

 

283:表現として良くないっていう(当時、問題になった部分 検索してみよう!) サンリオの その、懲りない部分というか そこが好きで

 

ゆうや:これって、ホントは何に使うものなんですか?

 

283:これ、ペットボトルストラップ

 

一同:あー

 

283:この輪っかにピッタリ ペットボトルが

 

昔のエビアンみたいに

 

283:それが、たまたま!こう。。。

 

f:id:takuchanpeople:20161003021144j:plain

 

一同:ピッタリ!(カズ―)

 

小谷:ピッタリですやん!

 

283:そう で、僕、ドラムボーカルなんで叩きながらだから、ここにぶら下げておかないと

 

小谷:はいはい、なるほど

 

283:お客さんが、KIRIMIちゃんグッズでってことでくれたんだけど、これは演奏するのにいい!ってことで

 

500mlペットボトルのキャップにピッタリってことは、その穴に乾燥パスタ合わせたらピッタリ100gですよ

 

一同:笑

 

ゆうや:鮭パスタ!

 

283:じゃあ、作るわ

 

一同:笑

 

 

小谷!〆だっ!

 

小谷:いやぁ、素晴らしい回でしたね まさかの特別ゲスト、ネズミも乱入というね

 

ゆうや:いや、アジア過ぎるでしょう

 

小谷:多国籍な場所で、多国籍なメンバーが集まった!

 

ー いや、ここは全員日本人ですよ

 

一同:笑

 

小谷:うわっ!!!ビックリした!!!今、なんか足に触れたと思ったらクロマティーさんの足やった!

 

一同:爆笑 ビビり過ぎだろ

 

:私のとこから見えてたんですけど、さっきネズミが出てから小谷さん ずっと川上くんの膝の上に手を乗せてるんですよ

 

一同:キャバ嬢かよ!笑

 

 

はーい!そんなこんなで、第2回終了!

 

ゲストの皆さん、ありがとうございました!

 

f:id:takuchanpeople:20161003021834j:plain

(いい写真!)

 

 

忘れてモーテルズ HP

283(ツバサ)さん Twitter

 

ピストル・ディスコ HP

クロマティーゆうやさん Twitter

 

川上琢人さん Twitter

(ゲストの皆さんの情報は上記Twitterから!) 

 

 

次は第3回!

 

絶賛編集中!

 

じゃっ!

 

 

 

こちらのブログの更新情報などをTwitterで告知しております

ホームレス小谷のもっと他力本願!Twitter

フォロー シクヨロ方面で!

 

 

編集:ヌマタリョウ Twitter

 

 

 

014 もっと他力本願!第2回 〜其の7〜

はい!更新!

 

其の7でやんす

 

みなさん、全てがおもしろくなってきている時間帯のトーク!

 

品の無さ、ご容赦!

 

ではスターッツ!

 

f:id:takuchanpeople:20160814185826j:plain

 

小谷:いやぁ、なんかいいタイミングでの出会いだったかもしれないすねぇ

 

一同:おもしろいっすね

 

小谷:3人とも違うことやってるけど、なにかやるってなったら顔出したくなりますわ

 

川上:そうですね

 

283:呼んでよ!

 

川上:ぜひぜひ

 

283:クロちゃんと俺らなんか、絶対合うもんね

 

小谷:イベント事なんかで一緒にねぇ

 

ゆうや:JAM(新宿のライブハウス)とかでやってるんでしたっけ?

 

283:自分らでイベントやる時はJAMが多い

 

ゆうや:JAMはいまだに“ワルいハコ”っていうイメージがありますからね

 

小谷:昔のライブハウスみたいな

 

ゆうや:不良感いまだに強くていいんですよ

 

JAMは飲み放題があっていいですよね

 

283:そうそう しかも安くて1500円とか

 

ゆうや:いいですよね

 

283:近くに別のライブハウスがあるんだけど、ダメで

 

ゆうや:あそこ、あんまり好きじゃないっすか?

 

283:転換中の音がおとなしくて、空気的に酔っ払いが騒げない!

 

一同:笑

 

 

自分に自信がある

 

小谷:いやぁ おもしろいっすわ 思ってたバンドマン、DJ、アニメーション作家のイメージとは 真逆のこともあったりして(カットしてる部分も多数あり!)

 

ゆうや:それこそ同族嫌悪じゃないですけど、同業者とはしゃべれないようなことを話せたかも

 

小谷:いいですね!DJどうしじゃ話さないようなこと!

 

ゆうや:気取りあっちゃうというか

 

小谷:他のDJと飲みに行ったりしないんすか?

 

ゆうや:DJの友達いないんですよ。。。

 

小谷:ハハハ!え!?何年くらいやられてるんですか?

 

ゆうや:7年くらい。。。

 

小谷:7年やって!?

 

ゆうや:DJの友達ゼロ。。。

 

小谷:自分から作りにいかないんですか!?

 

ゆうや:う~ん たぶん、僕らが人気あるから近づかないのかも

 

小谷:ハハハ!最高やな!

 

ゆうや:そうなんですよ

 

小谷:なにがいいって、3人ともですけど堂々としてる!自分に自身がある!だから、弱いとこと繋がれへんから友達できないんでしょうね

 

ゆうや:そうそう だから違う業種の人たちとは楽しく飲めるんですよ なんか“自慢しあう”ってこともないし

 

283:たしかにね

 

 

おいしいフリ

 

 ゆうやさんは、通信簿に“協調性が無い”って書かれていた感じはしますね

 

一同:笑

 

小谷:どうなんですか?協調性は無いんですか

 

ゆうや:メッチャあります

 

小谷&283:あるんかい!

 

一同:爆笑

 

ゆうや:今日をもって捨てます!

 

小谷:でも、全員友達の方がいいけどなぁ

 

川上:僕もそうですね

 

小谷:世界中の人が家族やと思ってるんで

 

平和だなぁ

 

283:選挙だれに入れるの?(2016参院選)

 

小谷:家が無いんで選挙権が無いんです

 

ゆうや:一番おいしいフリもらった!

 

:283さん、一番いいトスですよ それ!

 

めちゃくちゃレシーブしやすい!

 

小谷:あざーす!

 

一同:笑

 

283:笑 そっか 家ないんだもんなぁ

 

小谷:もう3年くらいですかね

 

ゆうや:奥さんは、家がある?

 

小谷:奥さんは名古屋に実家があって、出会って結婚して、今もその状態というか 単身赴任じゃないですけど

 

ゆうや:心配かけますよね

 

小谷:できた嫁ですわ

 

ゆうや:携帯の料金とかどうされてるんですか?

 

小谷:僕のは、人に払ってもらってます

 

ゆうや:毎回違う人なんですか?

 

小谷:一緒です レギュラーメンバーです

 

283:う~ん よくわからないなぁ

 

小谷:ハハハ!まあ、色んな人がいるってことですよ!

 

 

男前ですね

 

283:(急に川上さんへ)彼女いるの?

 

川上:別れちゃいました

 

283:いつからいつまでいたの?

 

川上:3月に別れちゃいました

 

小谷:えっ!?彼女おったん?知らんかった!なんで言うてくれへんの!?

 

川上:笑

 

:小谷さん、こういうとこあるんですよ!彼女できたら教えろみたいな謎のヤツ

 

小谷:そりゃそうやろ!彼女できたとき、彼氏できたとき、新しい服買ったとき、絶対言えよ!

 

一同:爆笑

 

小谷:当たり前やんけ!

 

人類の お母さん!

 

小谷:そうそう 新宿の母みたいな!人類の母!占うよー

 

川上:で、その彼女できたとき、できた直後ぐらいに小谷さんと一緒にいて 彼女とは遠距離だったんですよ それでラインのTV電話をしてたら 小谷さんが「川上!カメラこっちに向けて!」って言うから向けたら、パンツを脱いでて

 

:最悪!別れた原因それだろ!

 

小谷:でも「男前ですね」って言われたで

 

一同:爆笑

 

ゆうや:どっちが!?

 

小谷:「面長ですねー」って

 

どうしようもねぇ下ネタだな!笑

 

小谷:そんなこともあったな! どうかしてたんや

 

283:小谷くんさぁ、ちょっ、あの、文句言っていい?

 

一同:爆笑

 

小谷:なんすか!急に!

 

283:お笑い芸人の人たち総じてなんだけど、オフのときにパンチ見せようとし過ぎ!

 

一同:笑

 

小谷:いやぁ 脱ぎたくなっちゃう人は多いんじゃないですかねぇ

 

283:飲み会とかでさぁ、こう、アガってくると チ〇コ出してばっかだぜ

小谷:ハハハ!

 

ゆうや:小谷さんがチン○ン出す時って。。。

 

小谷:え!ゆうやさん、こういう話もできます!?スゴイ流れや!

 

一同:笑

 

ゆうや:笑 小谷さんが出すときって、芸人さんが周りに沢山いるときなのか、小谷さん一人だけのときに出すんですか?

 

283:よし、今 出そう

 

小谷:いや!今はいいです!

 

ゆうや:宗教的な問題では無いですよね?

 

一同:笑

 

小谷:いやね、僕 普段そういうことするタイプではないんですよ!気分。。。気分出しですわ!

 

気分出し、って言葉があるんですか?笑

 

小谷:はい!な?あるよな?気分出し!

 

川上:あの時の小谷さんは、そうでしたね

 

一同:笑

 

川上:メッチャ笑ってましたから

 

一同:笑

 

でもね、やっぱ 飲み会に遅れてきて“全裸にリュックだけ”ってウケますよ

 

一同:笑

 

小谷:なるほど!MAXの裸の大将!

 

283:でも、それなら靴下も欲しいよ

 

小谷:エレガント!283さんは、品があるわ!

 

その靴下もポールスミスで!

 

283:いや!それできるなら、全部をちゃんとしようよ!

 

一同:爆笑

 

 

マズいぜ!後半の酔っ払いの卓な感じ!

 

でも!それが もっと他力本願クオリティ!

 

そして!

 

この第2回は、次回でラストなの!

 

第3回も着々と準備しております。

 

また次回もシクヨロで!

 

かつ、前回までの記事もシクヨロで!↓↓↓

 

 

こちらのブログの更新情報などをTwitterで告知しております

ホームレス小谷のもっと他力本願!Twitter

フォロー シクヨロ方面で!

 

 

編集:ヌマタリョウ Twitter

 

013 もっと他力本願!第2回 〜其の6〜

 

というわけで、この前 第3回の集まりをしてきましたよ!

 

第2回のお三人

 

忘れてモーテルズ HP

283(ツバサ)さん Twitter

 

ピストル・ディスコ HP

クロマティーゆうやさん Twitter

 

川上琢人さん Twitter

(ゲストの皆さんの情報は上記Twitterから!) 

 

が、どんな方を紹介してくれたのかは、今後をお楽しみに!

 

じゃ、〜其の6〜スタート!

 

(小谷の話が多めです!ゲストのファンの方、すいません!)

 

f:id:takuchanpeople:20160814191746j:plain

 

 

七福神

 

283:今日って、小谷さんは お笑い芸人って聞いて来たんですよ

 

小谷:いや、う~ん、僕、お笑い芸人ではないんですけど あの、僕 自分の職業って他人に決めてもらってるんですよ ホームレスだと言われればホームレスやし、何でも屋と言われれば何でも屋やし、芸人と言われれば芸人で だから特に決めてないんすよ 全部が“小谷”って感じです

 

283:それ、素晴らしいっすね

 

小谷:ありがとうございます

 

283:でも、一般的には“芸人”になるんでしょ?

 

小谷:芸人は一応辞めてはいるんですよ

 

:ホームレスであり、神様!

 

283:いきなりそんなこと言われてもよくわかんないよ!苦笑

 

ゆうや:僕、これに呼んでもらった時に まず小谷さんのことを調べようと思って検索したんですよ そしたら2013年にTwitterが炎上した話が出てて

 

小谷:あ~ ありましたねぇ

 

ゆうや:だいたい3年前?じゃないすか それを見て思ったんですけど、みんな3年前の自分ってキライじゃないです?

 

小谷:あーーー!確かに!ま、今とは違うな、って思いますねぇ

 

ゆうや:そうですよね!ちょっとこれ聞きたかったんですよ

 

なんで炎上したんですか?

 

小谷ガリガリガリクソンさんとケンカになっちゃって まあ、そんなことがありまして

 

ゆうや:2013年にそんなことがあったって記事を見て、2016年の小谷さんは ぜんぜんイメージが違うから、3年前の自分ってキライだよなって聞きたかったんです

 

小谷:まあ、そんなこともあって でも今は神様として。。。

 

だいぶ危険な話になるんじゃないすか!?

 

小谷:いやいや!笑 あの僕の話になって申し訳ないですけど、七福神の仲間に入って八福神目になろうと思ってるんですよ でね、最近 気づいたんですよ!もう八福神目になってるんですよ!

 

ゆうや:宗教めいた話ですか?

 

一同:笑

 

小谷:さっきの職業の話みたいなんですけど、僕○○なんですって自分から言ってしまえばいいと思ってて それが共有されれば、他人から「○○の人だ」ってなると思うんですよ だから自分で神様って言っちゃって、共有されればいいかなって で、みんなどっかで神様になったらアカンって考えがあるんですよね でもそんなルールなんて無いじゃないですか

 

ゆうや:川上くんにアニメーションで描いてもらえばいいんですよ!宝船をゴムボートで追いかけてるみたいな

 

小谷:それなんですけどね 僕、宝船に乗りたいと思ってたんですよ で、あの絵を見るとね、一方方向からしか描かれてないんですよ 前からしか描かれてないでしょ?後ろから見たことないでしょ? あれ後ろ側回ったら僕がいて寿司食ってるみたいにすればいいかなって

 

ゆうや:一番偉い人じゃないですか

 

小谷:だからもう、乗ってることにしてしまえと!

 

ゆうやマトリックスみたいに、画が ぐるーってなったらいるみたいな

 

一同:笑

 

小谷:これが共有されれば、僕は何千年も前から宝船に乗ってたことになるんです!

 

一同:笑

 

小谷:これ、メッチャいいでしょ?

 

ゆうや:うらやましいのはそこなんすよね 僕はメチャクチャ安定志向なんで

 

 

伊藤家の食卓 

 

ゆうや:僕ね、ちょっとした お坊ちゃんエピソードがありまして、親類の中で僕が一番末っ子なんですよ で、すんごいかわいがられて育って、高校生になるまで目玉焼きって黄身の部分しか食べないと思ってたんですよ

 

一同:え~!

 

小谷:白身は捨ててたんや!

 

283:白身なんて食うもんじゃないっていう

 

逆ボディービルダー!

 

一同:笑

 

小谷:そんなん言ったら、宙さんのとこなんてかわいそうっすよ!

 

ここから、同席していた沢木宙さん Twitter の思い出話に

 

:うちなんてクソ貧乏ですから

 

小谷:親もようケンカしててな!

 

:お父さんの酒癖がホント悪くて、働いてもなかったし、飲んでは暴れてたんですよ

 

小谷:一番ロックやんけ!

 

一同:笑

 

283:そういうの、漫画では見たことあるけど

 

:よく、お母さんのこと殴ったりしてて

 

一同:笑

 

小谷:ロックやなぁ~

 

ゆうや:男が女を殴るって!

 

:で、お父さんが お母さんの頭の後ろをね、延髄蹴りして で、その場にお兄ちゃんもいまして「これは冷やさないと大変なことになる」って冷凍庫を開けたんですよ そしたら たまたま作り置きしてあった餃子が冷凍されてて慌ててそれで お母さんの後頭部を冷やしたんですよ

 

一同:爆笑

 

小谷:冷凍餃子で!もちろん、その日の晩ゴハンは?

 

:餃子です!

 

一同:爆笑

 

283:解凍した!

 

小谷:生活の知恵ですよ!おまえ、伊藤家の食卓か!

 

解凍時間の短縮!

 

小谷:解凍時間を短縮したかったら、親の延髄を蹴れ!

 

ゆうや:ステップワン!

 

一同:爆笑

 

f:id:takuchanpeople:20160823004040j:plain

 

小谷:僕はね、実家は炊飯器に墨を入れるような家でしたよ

 

283:偉いじゃん

 

偉い?笑 偉くはないんじゃ 笑

 

小谷:犬も飼ってましたよ 血統書付のヤツ

 

283:え?誰?

 

小谷:誰?人じゃないっす!笑 犬ですよ!

 

一同:笑

 

小谷:血統書付だったんすけど、デカすぎて売れ残ってたヤツなんすよ

 

283:何犬?

 

小谷ヨークシャーテリアです

 

ヨークシャーテリアでデカいって怖いな

 

一同:笑

 

小谷:一回、逃げましてね 7歳くらいの時 で、一週間後に見つかりまして これホンマの話で、近所のホームレスが飼ってたんです

 

一同:爆笑

 

ゆうや:目立ちますよ!ホームレスがヨークシャーテリア飼ってたら

 

小谷:そうなんですよ!すぐわかって「マーブルやんけ!」って

 

一同:笑

 

小谷:で、僕 ホームレスと交渉しまして「うちの犬や」と そしたら向こうは「いや違う!」と で、ここで離したら すぐに僕の家に向かうはずやと そんで離したら、すぐ家に向かいましたから

 

ゆうや:ホームレスって先輩じゃないすか

 

一同:笑

 

小谷:そっから亡くなるまでの7年間はね、なんか目の力がスゴくて

 

ゆうや:野良のようなことを経験して

 

小谷:そうなんですよ そこからはね、なにがあっても笑ってましたよ!キャーッキャッキャッみたいな

 

:オチ、おもんな!

 

283:やめて!そんなこと言ってあげないで

 

小谷:283さん、優しっ!

 

一同:笑

 

 

という感じで、小谷の自分の話が多くなってしまった回になってしまいましたが、みな様、どうか暖かい気持ちで次回を お楽しみにしておいてください!

 

 

こちらのブログの更新情報などをTwitterで告知しております

ホームレス小谷のもっと他力本願!Twitter

フォロー シクヨロ方面で!

 

 

編集:ヌマタリョウ Twitter

 

 

 

013 もっと他力本願!第2回 〜其の5〜

ちっす

 

わたくしの地元、北海道ではサンマが水揚げされたらしいです

 

もうダメだ!夏が終わる!

 

って落ち込んだ時には!

 

そう!このブログさ!

 

 

忘れてモーテルズ HP

283(ツバサ)さん Twitter

 

ピストル・ディスコ HP

クロマティーゆうやさん Twitter

 

川上琢人さん Twitter

(ゲストの皆さんの情報は上記Twitterから!) 

 

の お三方を招いての其の5!

 

いくぜ!

 

 

f:id:takuchanpeople:20160823004236j:plain

 

ゆうや:なんか、めげそうなときに憧れの人に出会えたりするんですよ

 

小谷:えー そうなんすか!

 

283:僕もそういうことがあって、僕の場合は長田さんですね

 

小谷:でた!長田さん!ちなみに、283さんがどういう状況の時に出会ったんですか?

 

283:当時ニートしてて、パチンコとかで勝ってたんすよ

 

小谷:ほうほう

 

283:で、これでいけんじゃないの?って思ってて

 

小谷:まあ、勝ってたらそうなりますよ

 

283:でも、あれって向き不向きがあって お金の面ではプラスで ぜんぜん大丈夫なんですけど、どんどん病んできて

 

ゆうや:勝ってても負けてても病んじゃうんすか?

 

283:うん

 

小谷:ギャンブルやらんからわからんすわー

 

283:ホントのダメ人間というか

 

小谷:えーそうなんすか

 

ゆうや:今はやらないんすか

 

283:今は まあ、たまにだね

 

小谷:当時は、理想の自分とホントの自分がちゃうかったってことっすね

 

283:うん お金には困ってなかったんだけど

 

小谷:俺はなんのために生きてるんやと

 

283:ロックやりたかったはずなのに、バンドもやってないし っていう状況で声かけてもらって

 

小谷:そこで、長田さんが「いっしょにやれへんか?」ってなったんすね え?どれくらい一緒にやってたんですか?

 

283:4年くらい

 

小谷:4年!けっこうやってたんすね

 

283:バンドが4年で解散って、けっこう短いっすよ

 

小谷:そうなんすね

 

ゆうや:なんてバンド名だったんですか?

 

283:桜の花、満開の下っていう 長田さんが付けたんです

 

小谷:桜の花、満開の下!ええ名前や!

 

ゆうや:メチャクチャいい!

 

小谷:なんか卒業ソングだけ歌ってるみたいな!

 

:ぜんぜんそんな感じじゃなかったですよ!

 

283:長田さんがインテリで坂口安吾っていう作家の「桜の森の満開の下」っていう小説から

 

小谷:そっから引用して!メチャクチャいいやん!どんなライブしてたんすか?

 

283:同じっす!

 

小谷:なるほど!よじ登って!桜の下でなく、クアトロの柱の上!

 

一同:笑

 

283:で、それが(長田さんの)前のバンドと一緒じゃんっていうのが問題で「パクリじゃねえか!」って

 

小谷:前にやってたことと一緒やん!と

 

283:まあ、僕もファンで追っかけてたんで 言われりゃあその通りなんすけどね で、結局うまくいかなくて

 

小谷:今のバンドに

 

283:そうですね

 

 

モテます!

 

小谷:バンド名いいっすよね 忘れてモーテルズ

 

283:そりゃもう

 

小谷:いい笑顔や!

 

283:で、ちょっと人気あるんすよ

 

一同:笑

 

小谷:聞きましたよ!さっき!いい笑顔やな!

 

f:id:takuchanpeople:20160823004023j:plain

 

283:女性ファン多いんですよ

 

小谷:ええなぁ!

 

饒舌になってきました!

 

一同:笑

 

小谷:モテるでしょ?

 

283:モテます!

 

一同:笑

 

ゆうや:モテるって発言できるの、これ大事ですよ!

 

小谷:大事ですよね!色気がないとねぇ

 

ゆうや:バンドマンで「モテない」っていう人いますけど、それはただただ音楽に魅力がない人であって

 

小谷:なるほど

 

ゆうや:ステージに立つ人がモテなきゃダメでしょ

 

小谷:やっぱモテますよね!バンドってええなぁー!バンドやりたい!あ、バンドやってるわ!

 

川上:バンドやってるじゃないですか!

 

小谷:バンドやってるけど、あれはもうバンドじゃないよ なぁ?宙さん

 

:あれはバンドじゃないっす

 

小谷:あれはコミュニティやな!

 

ゆうや:でも結婚されてるじゃないですか

 

小谷:結婚してるからってことじゃないんすけどね

 

283:そうだね

 

ゆうや:モテたいって、まあ、そうですね

 

小谷:僕、モテへんからなぁ (ドンッと机を叩く)

 

:みんなからの「いや、モテてますよ」待ちなんですよ

 

一同:笑

 

ゆうや:でも、モテてないと今みたいな生活できないじゃないですか

 

:実際、モテてますから

 

机、ドンッって叩くの弱かったもの!

 

ゆうや:常識ある叩き方でしたよ

 

一同:笑

 

 

地蔵になりたいんです

 

ゆうや:そう考えると 今日、遅刻してきたのもわざとなんじゃないですか?

 

283:あ、ちょっと思った

 

小谷:ちゃうちゃう!

 

ゆうや:合コンに遅れてくるヤツみたいな この辺グルグルしてたんじゃないですか?

 

目立って気を引かせるために

 

小谷:わざとじゃないって!

 

283:小谷いつ来るんだ?ってなってたもんな

 

ゆうや:(歌舞伎町)ドンキの前で、ゆっくりその服 着てたんでしょ?

 

小谷:違う違う!

 

ゆうや:赤が多いすね

 

小谷:赤、好きなんです!地蔵になりたいんです!地蔵と目が合って、地蔵になろう!って思ったんです

 

 

 

 

。。

 

 

。。。

 

 

f:id:takuchanpeople:20160823004131j:plain

 

小谷:いや!川上!なんか言うてやってくれ!付き合い長いやん!

 

川上:いい人ですよ

 

一同:爆笑

 

小谷:それ、なんも無い時に言う言葉や!

 

一同:爆笑

 

ゆうや:地蔵と目が合うことなんて無いから!

 

小谷:いや!合ったんですって!

 

ゆうや:いや違う!みんな合うわ!こっちが見たら地蔵が目をそらすわけないもん!

 

小谷:地蔵は目をそらさない!いい言葉や!なんか深いな!

 

一同:爆笑

 

小谷:すべてを救う、みたいな!

 

 

トークが散らかってきた!

これが酒の力!

そんな雰囲気を加速させながら、次回 ~其の6~ に続きます!

 

 

こちらのブログの更新情報などをTwitterで告知しております

ホームレス小谷のもっと他力本願!Twitter

フォロー シクヨロ方面で!

 

 

編集:ヌマタリョウ Twitter

 

 

 

012 もっと他力本願!第2回 〜其の4〜

イェーイ!

 

お盆だねっ!

 

ってなもんで、ゲストに

 

忘れてモーテルズ HP

283(ツバサ)さん Twitter

 

ピストル・ディスコ HP

クロマティーゆうやさん Twitter

 

川上琢人さん Twitter

 

の お三方を招いての其の4!

 

いっちゃいますか!

 

 

f:id:takuchanpeople:20160814191746j:plain

 

小谷:僕ね、お笑いあがりなんすけど、絶対音楽の人たちの方がモテますよね

 

283:最近、そんなことないっすよ!

 

小谷:いやいや!絶対ミュージシャンの方がモテるでしょ!なんかあったら「お前のために曲作ったよ」ってできるじゃないすか!

 

283:それ響きます!?どう?

 

:響かないかもしれないっす

 

小谷:響けやっ!

 

ゆうや:でもミュージシャンは “ カバー ” っていう手があるじゃないっすか

 

小谷:そう!さすが!DJやってるだけあるわ!

 

:カバーでいい曲歌ってくれたら響きますよ!

 

小谷:お笑いのカバーは “ パクリ ” ですから

 

一同:笑

 

小谷:やっぱ、ギター弾けたりってのがいいんすよ 川上、なんか楽器弾ける?

 

川上:ピアノ弾けます

 

一同:えっ!?

 

小谷:いやいや、でもそんな大したことないんやろ?

 

川上:多少…

 

小谷:多少って、青森やから地域のコンクールに出てたとか?

 

川上:中学の時に、アジア大会くらいまで…

 

一同: ア、アジア大会

 

小谷アジア大会

 

川上:で、5位です

 

小谷:アジア5位?

 

ゆうや:アジア5位って、日本1位じゃないの!?

 

一同:笑

 

川上:日本での全国大会は2位でした

 

283:スゴそうな感じは出てた

 

一同:笑

 

283:ロックをやってると、そういうクラシックの方にコンプレックスがあって

 

小谷:そうなんすか!?

 

283:やっぱそういう音楽を通ってこずにやってるっていう 僕らみたいなジャンルの人は ほとんどそうですけど

 

川上:学問としての音楽ってことですよね

 

283:そんで、そういう人たちが人気あったりするとね…

 

一同:笑

 

ゆうや:たまにいますよ メンバーにそういう人が1人いるから曲のクオリティが上がってるバンド

 

283:育ちのいいヤツがいい作用するんですよ

 

X JAPANとか

 

283:わかりやすいとこで言うとね

 

小谷:やったやん!YOSHIKIになれるやん!バンド入れてもらい!

 

川上:今、やってないっすけどね

 

小谷:いや、お前、それは鼻につくんちゃうか!?やれよ!

 

ゆうや:アジア5位なんだから夢見ろよ!

 

一同:爆笑

 

小谷:なに?アジア5位になって、挫折とかあったん?

 

川上アジア大会があって、その時 色々と悩みがあって

 

小谷:ん?どんな悩み?

 

川上:賞を取ると、その地元の教室に生徒がたくさん入ってくるんですよ で、幼稚園の子とかが「川上くんみたいになりたい」ってなってて でも僕自身は思春期ってのもあって、もうけっこう冷めてて

 

小谷:まあね

 

川上:幼稚園の子たちが、僕みたいになりたいって それはたぶん嘘で、親が僕みたいにさせたいんだろうなと

 

ゆうや:厳密に言ったらそうだろうけど!

 

小谷:めっちゃカッコいいやん!

 

川上:それで、新聞とかにも載ったりして そしたら地元の先生の鼻が高くなっていって、それがなんだかなと

 

283:それで、真逆のロックとかにいってワーッとやればよかったのに、アニメーションにいったんだ

 

小谷:アニメには もともと興味あったの?

 

川上:あんまりでしたね 金曜ロードショーとかでなんかやってたら見るくらいで

 

小谷:そんなもんなんや

 

川上:漫画もあんまり読んでなくて、学校でハンターハンターとかワンピースの話になるとついていけなかったです

 

小谷:なるほど おもろいなー

 

ゆうや:アニメーションやってる人がそのTシャツって、ギタリストがギターのプリントがされたTシャツ着てるのと一緒だよ!

 

f:id:takuchanpeople:20160814192215j:plain

 

一同:爆笑

 

小谷:ほんまや!ジャングル大帝

 

ゆうや:それ着れるのスゴイと思う! レコードのTシャツとか絶対着れないもん!

 

小谷:DJがレコードのTシャツ着てるやん!って

 

川上:イジられるのオイシイっすよ

 

小谷:ちょっと芸人っぽいとこあんのかな?

 

ゆうや:でも、21歳でそう思えるのはスゴイな

 

小谷:めっちゃ褒められてるやん!逆に2人(283、ゆうや)を見てどうなん?

 

川上:もう、雰囲気がありすぎて 入り込めるのか?っていう

 

小谷:雰囲気がめっちゃあるって言われてますよ どうなんすか、ってやかましいわ!メガネをゆっくり下げんな!2人で同じポーズをするな!

 

一同:笑

 

ゆうや:ライブハウスの打ち上げで、こういう瞬発力がつくんです

 

f:id:takuchanpeople:20160814192337j:plain

 

小谷:ハハハ!そうなんや!

 

283:僕もボーカルで、MCでおしゃべりもするんですけど、やっぱそういうキャラクターって大事なんす

 

小谷:たしかに!

 

283:で、そんなんで難しいなと思ったのが、色んなバンドからそういった人を集めてトークイベントをやろうってことになって 誰も専門的な、バラエティっぽいことできるヤツがいないままで アメトーークみたいなことがやりたかったんでしょうけど

 

小谷:えー、そんなんやってるんですね

 

283:いやもう、ぜんぜんでしたね

 

ゆうや:泳がせることができる人がいないっていう

 

283:普段のMCは、お客さんに向かって一方通行のしゃべりだから

 

小谷:なるほど 他と混ざらなくていいっていうね

 

283:そう MCだとオチまで全部自分でやれるから 他の人の話を聞いて、それをどうこうするっていうのがぜんぜんできなくて ましてや大勢いるとホントなんもできない

 

小谷:それぞれ世界観も強いし

 

283:TVみたいなこと、まねしちゃダメっすね

 

バンドマンに協調性を求めちゃダメですよ

 

一同:笑

 

小谷:TVとかでやってる お笑いってチームワークだったりしますからねぇ それこそDJとかってステージで1人やし、協調性もなんもないっすよね?

 

ゆうや:そうですね 僕も協調性はないですね

 

小谷:必要だと思うことはあります?

 

ゆうや:いやぁいらないですね

 

小谷:イベントとかやってたら、協調性 大事なんじゃないっすか?

 

f:id:takuchanpeople:20160725042124j:plain

 

ゆうや:イベントチームとしてメンバーが4人いるんですけど、僕以外のメンバーは、僕の言うことが絶対なんですよ

 

小谷:へー

 

ゆうや:ちょっと前の話で、最初3人で始めたんですけど、僕のことが嫌いになって2人が抜けて、僕独りぼっちになっちゃったんですよ

 

一同:えー

 

ゆうや:その時に、同じような理由で独りぼっちになったヤツら3人を誘ったんですよ

 

一同:笑

 

283:DJチーム同士が組むって、よくあることなんですか?

 

ゆうや:最近はよくありますね 僕らは基本的にバンドと一緒にやる形です

 

 

f:id:takuchanpeople:20160814192826j:plain

 

283:DJ、ちょっとやってみたことがあってわかったんだけど、曲のキーが合ってないと つないだ時に違和感があって

 

ゆうや:そうなんです 細かいことはいっぱいあって、例えばチョッパーベースの曲だけをストックしたりとか

 

小谷:そういう意味で、大谷さん(DJダイノジ)ってスゴイんじゃないですか?

 

ゆうや:大谷さんは、そういうことができるのに敢えてやらないんですよ

 

小谷:敢えてやらないって、どういう意図なんすかね?

 

ゆうや:それよりも、今 お客さんが欲してるモノだったりなんじゃないですかね

 

小谷:やっぱ芸人さんや 空気読んでやってんねや

 

ゆうやジャイアンナイトって宝塚的なんですよ まず自分たちとお客さんで大流行させて外に出そうっていう

 

小谷:なるほど!DJとしてのダイノジさんに出会ったのっていつなんですか?

 

ゆうや:学生の頃、夏フェスとかに行ったら大谷さんがDJをしてて、そこから大谷さんのブログとかを見てたら“ジャイアンナイト”ってのがあるんだと思って

 

小谷:で、遊びにいって

 

ゆうや:楽しいなぁ~って

 

小谷:ハハハ!いいすね!

 

ゆうや:昔、大谷さんがLIFE BOLLの曲を流してた時期があって、当時廃盤だった音源をオークションで高値で買って 僕が20歳そこらの時に大谷さんにそれを話したんですよ そしたら大谷さんが凄く喜んでくれて、DJ中に僕のこと話してくれたことがあったんです

 

283:嬉しいよなー

 

ゆうや:この前、その話を大谷さんにしたら覚えてなかったんですけど

 

小谷:そうやってDJダイノジさんのイベントに通うようになるわけっすね

 

 

この、酒で深くなっていく感じ

文章にしてもあるでしょう

これなんですよ

第2回は、まだまだ続きますよ!

 

 

こちらのブログの更新情報などをTwitterで告知しております

ホームレス小谷のもっと他力本願!Twitter

フォロー シクヨロ方面で!

 

 

編集:ヌマタリョウ Twitter