ホームレス小谷のもっと他力本願!

このブログは、清々しいまでに人に頼って生きる小谷が、さらなる頼りを求め 魅力ある人たちに出逢っていくブログとなっております!

011 もっと他力本願!第2回 〜其の3〜

ういっす

 

其の3だ!

 

このあたりからアルコールの副産物

“ 初めましてから和気あいあいまでの時間を縮める ”

 が作用しグルーヴが生まれてきます!

 

 

そして、本来のタイムラインにて、噂のバーベキュー登場!

 

f:id:takuchanpeople:20160814183249j:plain

 

これ、メニュー名が「バーベキュー」とのことです

 

小谷:でた!概念です!バーベキューって、行事のことちゃうん!?

 

 

皆で食べる

 

 

小谷ナポリタンみたいな味しますけど

 

川上:サッポロポテトのバーベキュー味じゃないっすか?

 

一同:笑

 

僕、予約したときに見たんですけど「バーベキュー食べ放題」のはずです

 

一同:ギリッギリありがたいかなー 笑

 

 

ってな感じで、いってみよう!

 

 

f:id:takuchanpeople:20160814185602j:plain

 

ゆうや:忘れてモーテルズ、もちろん知ってますよ

 

283:え!嬉しいな

 

ゆうや:友人がスゴイ好きで、それで勧められて

 

283:人気あるんすよ

 

一同:笑

 

:確かに長田さんも人気あんだよって言ってました

 

小谷:スゴイなー どういうジャンルな感じですか?

 

283:ガレージ系とかってわかりますかね?

 

小谷:はいはい もうね、しゃべり声がかっこええんすよ ゆうやさんは DJをやってる関係でやっぱ知ってたんすね

 

ゆうや:はい お会いしたことはなかったんですけど、名前と音は知ってましたね

 

小谷:じゃあ、次回シークレットゲストっすね

 

283:ぜひぜひ

 

ゆうや:いやぁ、こういう会って大事ですね

 

小谷:ハハハ!そこに川上がアニメーションをつける!

 

つながりました!

 

283:よろしくお願いします!

 

小谷:今回、音楽方面に特化した会ですね 今日、飲んでるうちに「こんなんしたい」っていうの決められたらいいっすね

 

一同:それいいっすねー

 

小谷:イベントを作ってる ゆうやさんがいて、バンドの283さん、でアニメーションは川上ができる 僕、雑用で使ってください!50円でなんでもしますよ!これええやん!

 

一同:笑

 

f:id:takuchanpeople:20160814185657j:plain

 

小谷:川上って、こういう音楽方面の人たちと飲んだりすんの?

 

川上:最近 多いっすよ

 

小谷:そうなんや 川上はねぇ知り合いめっちゃ多いんすよ 21歳にして、どんだけ知り合うねんっていうくらい多いんすよ

 

川上:笑

 

小谷:最近、どんな人と知り合った?

 

川上:う~ん レコード会社の方とか雑誌の編集長とかですね

 

283:紹介してほしいっすね

 

一同:笑

 

小谷:今日は、何かみなさんの仕事につながることがあるかもしれないっすよ

 

283:来てみたら意外とメリットが

 

一同:笑

 

小谷:前回は楽しくしゃべって終わりましたから!

 

283:それはそれでいいと思うんすけど、今回は目の色が変わります

 

一同:笑

 

ゆうや:知り合いが多くなってくると、安く依頼できるっていうことしか頭にない人が増えてきませんか?

 

川上:僕の場合、仕事関係というより 友達っぽくなることが多いですね

 

ゆうや:僕ね、今、VJが喉から手が出るほど欲しいんですよ

 

小谷:お!仕事を作り出す流れになってきてますよ!川上、VJもやってるやん!

 

川上:はい でもメインは水江さんですけど

 

小谷:自分以外の提案もできるやん!俺、21歳の頃 どんだけ自分が前に出るかしか考えてなかったで!

 

一同:笑

 

f:id:takuchanpeople:20160814185826j:plain

 

コンプレック

 

283:(小谷)おいくつなんですか?

 

小谷:今、33です

 

283:じゃあ、ひとつ下だ (ゆうや)いくつっすか?

 

ゆうや:29です

 

283:じゃあタメ口でいい?

 

一同:笑

 

:年下だとわかったらすぐにタメ口になるタイプ!

 

体育会系っすねー

 

283:いや!でも確認は取る!

 

ゆうや:断られることなんてないでしょ!

 

一同:笑

 

小谷:今日の出会いで、なんかできそうな雰囲気ありますよ

 

283:やりたいですね あ、やりたいねぇ

 

ちゃんとタメ口にした!

 

一同:笑

 

小谷:VJが欲しいって言うてるし

 

ゆうや:DJをしてる時に「今 流れてる曲はこれなんだよ」ってことをVJで伝えたいんですよ

 

小谷:ちなみになんですけど、ゆうやさんは なんでクロマティーなんですか?

 

ゆうや:高校の時のあだ名なんすよ ジャイアンツファンでもなんでもないです というか、クロマティーが活躍してた時、ギリギリ生まれてないです

 

小谷:ハハハ!あだ名ってそんなもんすよね で、DJをまたなんでやろうと思ったんすか?

 

ゆうや:ギターとか、ドラムをやっててダメで挫折して、でも音楽が好きで 高校の頃イヤがられるほど人に音楽を勧めてた人間だったんです それで、DJをやってる知り合いに会って、これはみんなに一斉に音楽を貸してるようなもんだと思って

 

小谷:はいはい

 

283:あのねぇ

 

ゆうや:はい

 

283:いいよねぇ

 

一同:爆笑

 

自分の中で解釈して、消化しきっちゃったよ!

 

283:小学校の頃かな 放送委員がさぁ、昼に音楽流すヤツ

 

小谷:あったあった!

 

283:アレとか、スゲーやりたくてね

 

小谷:僕んとこ、GRAYファンの女の子が放送委員で「BELOVED」何回聞かされたか!

 

一同:笑

 

ゆうや:でも放送委員と違うのは “ 目立ちたがり ” なんです

 

小谷:ほー! 目立ちたいってのがあって、楽器をやってたりもしたんですね

 

ゆうや:バンドマンと絡むこと多いですけど、ずっっとコンプレックスですね バンドに対して

 

小谷:そっかー 自分が到達できなかった人たちっていうことで

 

283:こっちは すごいリスペクトありますよ ホントは俺らの方がいっぱいCDを持ってて、いっぱい音楽を聴かなきゃダメだと思う

 

ゆうや:バンドマンの方々って、自分が高校の時の音楽の聴き方と、今の聴き方って違うじゃないですか 同族嫌悪もあるし

 

283:ある!そう!よくわかってる

 

ゆうや:言い方は悪いですけど “ かわいそう ” なんですよ 

 

283:プライドがあって、良くないこととわかってても “ あんなの認めないよ ” って思っちゃったり まあ、お笑いでもなんでもあると思うんですけど

 

ゆうや: “ 年下だから ” とか

 

283:そうそう

 

ゆうや:20歳のガレージバンドがキャーキャー言われてたら…

 

283:無条件で気にいらない…

 

一同:笑

 

ゆうや:あたりまえですよ 絶対

 

小谷:アニメーションでも、他のチームとか気になったりする?

 

川上:気にはなりますね

 

283:もちろん揉めたりってのは無いんだけど

 

川上:いい刺激をもらえるってことなんですかね

 

小谷:やっぱ川上は、見た目的にも仙人みたいやし、器がデカいな

 

f:id:takuchanpeople:20160731225118j:plain

 

283:(川上は)でも若いから、あと10年やって色んなキャリアを積んで「ここまで来たぜ」って思った頃に、スゴイことを若いヤツがやってたら “ ムカつく ” までいかなくても「ん?何者よ?」って気持ちにはなるんじゃないかな

 

小谷:なるほどね

 

ゆうや:だって、おんなじことをしたらイケメンが勝つ時代ですよ

 

一同:笑 それ!

 

 

わたくしも過去にバンドをやってたりしまして、今でも音楽方面のヤツらと仲良かったりするんですが、いやぁバンドの打ち上げみたいで心地よかったですね

 

じゃあ、最後にもう一品メニューを紹介しましょう!

 

f:id:takuchanpeople:20160814190022j:plain

 

モチロン これもバーベキュー!

 

 

こちらのブログの更新情報などをTwitterで告知しております

ホームレス小谷のもっと他力本願!Twitter

フォロー シクヨロ方面で!

 

 

編集:ヌマタリョウ Twitter

 

 

010 もっと他力本願!第2回 〜其の2〜

さあ!前回から始まった第2回 

ゲストさんたちは皆、初対面

というわけで、滑り出しは誰の紹介?から、どんな人?ってなもんで、MC小谷が探っていくスタイル

 

始っじまっるよ~~~ぅ!

 

 

このボイスレコーダーで録ったものを文字起こししてブログにするんで、声張っていきましょう!

 

小谷:声のデカさ大事!

 

聞こえなかった部分は、全部下ネタに書き換えますからね!

 

小谷:ダメだよ!

 

一同:笑

 

小谷:じゃあ、乾杯しましょう!

 

一同:お願いしまーす!

 

小谷:今日ね、ずっと左目の奥が痛くて テンション落ちてたんすよ でもね、今 ビール一口飲んだら治りましたわ!

 

一同:良かった!

 

小谷:やりました!それだけで十分ですわ!

 

いやぁ、ここ日本人の店員がいないですよ

 

小谷:色んな国の人、色んなジャンルの人、そんな人たちが集まる場所って最高ですね

 

一同:〆の言葉っぽくないすか!?開始3分で!

 

小谷:というわけで、次回は…

 

一同:笑

 

小谷:じゃあ、聞いていきましょ!誰が誰からの紹介なんですか?

 

川上琢人 Twitter:僕、水江未来さんからです

 

f:id:takuchanpeople:20160731225118j:plain

 

小谷:水江さんは、第1回に出てもらったアニメーション作家の方ですね

 

川上さんと小谷は面識があったんですってね?

 

小谷:そうなんですよ なんならね、水江さんより前に出会ってますわ 六本木のリバ邸っていうシェアハウスで出会ったんすよ あれ何年前?

 

川上:2~3年前とかですかね?

 

小谷:そん時、こんなんじゃなかったんすよ 今、中国の仙人みたいになってますけど

 

一同:笑

 

小谷:2年前、もっと痩せてたやろ?どんぐらい痩せてたんやったっけ?

 

川上:35Kgくらい痩せてましたよ

 

一同:えーっ!2年でそんなにっ!?

 

クロマティーゆうや :久々に聞きましたわ!逆パターン

 

アフター・ビフォー!

 

小谷:痩せてるとこから、久々に会ったら太ってるパターン!

 

283(ツバサ):けっこうイケメンな感じですよね

 

ゆうや:当時の写真とか無いんすか?

 

小谷:前、見してくれたやん!

 

川上:昔のフェイスブックのがあります

 

小谷:うわ!痩せてる!見て!

 

   f:id:takuchanpeople:20160731225325j:plain

 

ゆうや:いやいや、本人ってわかんないっすよ!

 

小谷:めちゃくちゃ痩せてるやん!

 

283:いくつくらいの時っすか?

 

川上:18~19くらいっすね

 

283:しかも、痩せてる時が そこまでイケメンじゃなかったってのがいいっすね

 

一同:笑

 

小谷:見る人が見れば好きなんかな?笑 青森から出てきたんやな?で、六本木で色んな人に出会って、色んな人に飲みに連れていってもらって 気づいたら35Kg太ってて

 

ゆうや:地元の人たち、東京ってスゴイとこだなってなりません?

 

一同:笑

 

283:そんな太れねぇ!

 

小谷:才能やで ホンマに!

 

一同:笑

 

小谷:で、今は何してるんやったっけ?

 

川上:今は、短編アニメの映画を作ってます

 

小谷:それで、水江さんとのつながりもあるっていう

 

ゆうや:今、21歳とかですか?

 

川上:はい

 

283:スゴイっすね

 

川上:今は、チームを作ってそういったことをしてますね

 

 

短期間で35Kg太った映像作家という情報しかない!

 

いやいや、落ち着いてくださいよ

まずは自己紹介的なことからですよ!

 

続きましてぇ!

エントリーナンバートゥー!

 

 

森森子さんからの紹介かーらー

ROCK DJ集団 ピストル・ディスコの

クロマティ―ゆうやさん! Twitter

 

写真:右

f:id:takuchanpeople:20160731232636j:plain

 

小谷:今日は、どの方からの紹介ですか?

 

ゆうや:森森子さんからの紹介で

 

小谷:でました!森森子!

 

ゆうやクロマティーゆうや って名前で、DJをしてます

 

小谷:DJ!

 

ゆうや:DJダイノジさんからのつながりで森子さんと知り合って

 

小谷ダイノジさんのDJを見て、自分もDJを始められたんですか?

 

ゆうやダイノジさんのDJを18~19歳の頃に見て、憧れもあったんすけど 自分は ぜんぜん別でイベントを立ち上げて そこから6~7年目でダイノジさんに呼んでいただいたんです

 

一同:へぇ~

 

ゆうやダイノジロックフェスには、18~19歳の頃とか遊びにいってましたね

 

小谷:そういえば、この前のダイノジさんイベントにも出てましたよね?

 

ゆうや:はい なのでスゴイ感慨深いんですよ いまだに僕、大谷さんに「一緒に 写真撮ってください」って言えないんですよ

 

小谷:え!?なんでですか?

 

ゆうや:いや~ ダメなんすよ

 

小谷:あの頃の自分に戻ってしまう! 素敵やん!

 

でた!西の芸!

 

小谷:笑

 

ゆうや:大谷さん、いつも「クロマティー」って僕のこと呼ぶんですけど、この前 初めて「お前」って呼んでくれたんです

 

283:嬉しい嬉しい

 

ゆうや:これは、男しかわかんないかもっすけど

 

小谷:憧れてた人のテリトリーに入れたっていうね

 

283:「お前」とか、名前を呼び捨てにされたりって嬉しいっすよね

 

ゆうや:あとは、自分でライブ企画とかをしたりしてます 出演者を17時の開場まで発表しないっていう

 

小谷:それ おもろっ!

 

ゆうや:だから、お客さんもドキドキしながら開場を待ってくれるんですよ

 

小谷:宣伝する時、いっさい出演者を出さない

 

ゆうや:はい 過去のシークレットの出演者を見てもらって、信用してもらうっていう

 

小谷:へぇ~

 

なんてタイトルのイベントなんですか?

 

ゆうや:ピストル・ディスコって名前です 

 

小谷:ピストル・ディスコ

 

ゆうや:といった感じの活動をしてます よろしくお願いします!

 

 

そんなクロマティーゆうやさんのピストル・ディスコ

HPを見つけたぜ!

 

情報などは、こちらを2秒以内に見てみよう!

OFFICIAL WEB

 

 

そして、最後は!

忘れてモーテルズの 283さん Twitter

 

f:id:takuchanpeople:20160731232801j:plain

 

283長田さんからの紹介です

 

小谷:でた!長田さん!前回、一番狂ってた人ですわ!

 

一同:笑

 

小谷:そんなヤバい長田さんが、さらにヤバいヤツがいるってことで、紹介してくれたんですよ お名前は!?

 

283:283(ツバサ)です!

 

一同:イェー!283さん!

 

283:バンドマンという立場です

 

小谷:もともと長田さんがバンドをやってはったから、そのつながりですよね?

 

283:出会ったのは、10年~ちょっと前くらいですかね

 

小谷:けっこう長い付き合いってことっすね

 

283:僕、メンバーだったんすよ 長田さんとこの

 

小谷:あ!長田さんとバンド組んでたんすか!? えっ!ということは、色んなとこよじ登ってた時のメンバーすか!? クアトロを出禁になってた頃の!?

 

283:違うんすよ 僕が一緒にやる前のバンドが、そういう出禁になるバンドで

 

出禁バンド!

 

一同:笑

 

283:僕は、そのバンドのファンだったんすよ

 

小谷:ハハハ! クロマティーさんみたいに憧れの人と一緒に活動できるようになった感じっすね!

 

283:そうなんすよ

 

小谷:だから、写真撮ってって言えないとかにメッチャうなずいてたんすね

 

283:僕の場合は、ある時 どうやって調べたのかわかんないんですけど、長田さんから電話がかかってきたんですよ

 

一同:爆笑

 

小谷:長田さんから!?え~っ!?

 

283:当時、ホントに演者とファンですよ で、たぶんライブの時に僕が書いたアンケートを調べてかけてきたんだと思います 「俺と一緒にバンドやんないか?」って

 

小谷:え~っ!

 

楽器やってたのは知ってたんですね?

 

283:それは知ってたみたいで、おもしろいヤツだと思ってくれてたんすよ

 

小谷:いきなりっすよね?メチャクチャやな!

 

283:その時、ちょうど僕がバンドをやってなくて宙ぶらりんだったんすよ でも、僕がバンドやってたとしても、あの人は無理やり引き抜いたと思いますね

 

小谷:実行力が天才的なんですよ

 

283:付き合いだしてわかったんですけど、あの人 目から狂気が伝わるんですよ

 

狂った目つき

 

283:狂ってる人って、社会性がスゴイあるんですよ

 

小谷:なるほど!社会に馴染めるんすね

 

283サイコパスです!

 

一同:爆笑

 

小谷:一番怖いヤツやん!共感できへんヤツやん!

 

283:ああいう人たちって、知能が高いでしょ?

 

小谷:はいはい 羊たちの沈黙レクター博士みたいなね

 

283:長田、アレです

 

一同:笑

 

小谷:長田さんと、レクター博士、同じ専門学校でしょ!? 

 

283:同期!

 

一同:笑

 

283:そういう人って、人を引き付けるんですよ

 

小谷:でも、そのレクターさんが… レクターさんちゃうわ! 長田さんが「ヤバいヤツがいる」ってことで283さんを紹介してくれたんすよ! 今回は狂気に満ちた宴になるかもしれないっすよ! 283さん、よろしくお願いします!

 

283:よろしくお願いします!

 

 

283さんのバンド忘れてモーテルズのWEBサイトもあるよあるよ!

2秒以内に見てみるしかないよねっ!

公式WEBサイト

 

 

ってな感じで始まった第2回

映像作家、DJ、バンドマンとアーティストな回となりました

初対面だったみなさんが、徐々に徐々に混ざっていきますよ!

次回 ~其の3~をお楽しみに!

 

 

こちらのブログの更新情報などをTwitterで告知しております

ホームレス小谷のもっと他力本願!Twitter

フォロー シクヨロ方面で!

 

 

編集:ヌマタリョウ Twitter

009 もっと他力本願!第2回 〜其の1〜

 

はい!

 

というわけで、7月22日(金)に第2回の集まりをしてきました!

 

もっと他力本願!はゲストに次回ゲストを紹介してもらうというスタイルなのです

そう!そこも他力&本願!

 

 

第2回のゲストは!

 

第1回に来てくださった水江未来さんの紹介から

映像作家の川上琢人さん Twitter &小谷

f:id:takuchanpeople:20160725042010j:plain

 

 

森森子さんからの紹介から

ROCK DJ集団 ピストル・ディスコの

クロマティ―ゆうやさん Twitter

f:id:takuchanpeople:20160725042124j:plain

 

 

そして、長田さんからの紹介から

忘れてモーテルズの 283さん Twitter

f:id:takuchanpeople:20160725041429j:plain

 

 

といったメンバーに お集りいただきました!

 

会場は、ぐるなびをたよりに歌舞伎町のビアガーデン

   f:id:takuchanpeople:20160725044510p:plain

 

バーベキュー食べ放題ですよ!

ヤッホイ!

ジューシー!

 

 

・・

 

・・・

 

えっ!?

f:id:takuchanpeople:20160725043921j:plain

 

このメニューの名前が「バーベキュー」だなんて、誰が思います。。。?

 

ただのカロリーですよ。。。

 

食べ放題。。。?

 

 

そして、ここはアジアンテイスト満開

 

東南アジアの屋台のようだぜ!

f:id:takuchanpeople:20160725043926j:plain

 

 

f:id:takuchanpeople:20160725045013j:plain

 

アジア過ぎて、川上さんの手の上、小谷の膝の上をドブネズミが走るなんて誰が思います。。。?

 

小谷の赤い部分、全部 青になりましたよ

 

 

そして、店内には大音量のEDM

 

ボイスレコーダーの音声、聞き取れるのか!?

やれんのか!?

俺!!!

 

 

てなもんで、第2回スタートですわ!

 

 

こちらのブログの更新情報などをTwitterで告知しております

ホームレス小谷のもっと他力本願!Twitter

フォロー シクヨロ方面で!

 

 

編集:ヌマタリョウ Twitter

 

008 もっと他力本願!次回へ向けて

 

スケジュールの調整がいい感じになりまして、第2回の集まりは7月22日な予定!

 

それまで

 

Z z z・・・

f:id:takuchanpeople:20160720222235j:plain

 

こちらのブログの更新情報などをTwitterで告知しております

ホームレス小谷のもっと他力本願!Twitter

フォロー シクヨロ方面で!

 

 

編集:ヌマタリョウ Twitter

006 もっと他力本願!第1回 〜其の6〜

f:id:takuchanpeople:20160710222322j:plain

 小谷がサイゼリヤで急に電話をし、水江未来さん、森森子さん、長田さんに集まってもらい始まった もっと他力本願! 

第1回は、今回で最後! 最後は、みなさんに お気に入りアイテムを持参してもらい、それを紹介します!のコーナー!

 

では!

 

 

森森子さんの お気に入りアイテム

 

森子:僕は完全にこれです!

f:id:takuchanpeople:20160710222452j:plain

森子:かき氷屋感がすごいでしょ?涼しいでしょ?

 

涼しい!

 

森子:300メートル先にいても僕ってわかるんですよ

 

一同:

 

小谷:東北ツアーの時、めっちゃ売れたんですよね?

 

森子:そうなんですよ

 

小谷:ハッピもあるんですよね?

 

森子:これです!

f:id:takuchanpeople:20160710222600j:plain

森子:今日は、売りたいものを持ってきました そして、これを着てれば迷子にならないです!

 

水江:いや、一旦 迷子にはなるでしょ!

 

見つかりやすいってことですね!

 

一同:

 

 

こちらの森森子さんグッズは、森子さんから購入できるとのことです!

詳しくは、森子さんのTwitterなどで!

 

フル装備図

f:id:takuchanpeople:20160710222840j:plain

 

 

続いて、長田さんの お気に入りアイテム

 

長田:じゃあ、僕いきますね

 

借用書でしょ?

 

一同:

 

長田:笑 いやいや! これです ダンボがプリントされたパーカーです

f:id:takuchanpeople:20160710223102j:plain

一同:カワイイ!

 

長田:そうなんですよ、これを着てると女の子にカワイイって言われるんです

 

宙:なにをモテようとしてるんですか!?

 

一同:

 

 

キケンな話をたくさん持ってきてくれた長田さん(カット多数)

社会的グレーゾーン、いやブラックなモノを持参してきてくれたと思いきや、カワイイヤツ!

 

 

最後は水江さんの お気に入りアイテム

 

水江:僕、けっこう映画館で映画を見るんですよ 最近って3Dの映画が多くて これです

f:id:takuchanpeople:20160710223237j:plain

一同:えーっ!

 

水江:3Dメガネって返却じゃなくて、買うようになってることが多いんですよ

 

小谷:そうなんすか!?

 

水江:料金に含まれてるんですよね

 

小谷:マイ3Dメガネ!

 

水江:自分で持って行けば、料金が100円割引されるんですけど、100円くらいじゃ持って行く気にならないんですよね

 

小谷:確かに100円じゃねぇ

 

水江:さらに、持っていったところで それがその時の3D映画に合うかわからないんですよ

 

一同:えーっ!

 

かけてもらっていいですか

 

水江:佐村河内さんみたいになってません? 

f:id:takuchanpeople:20160710223408j:plain

一同:

 

水江:で、これ普段かけてると日常でも3Dに見えるものがあるんじゃないか?と思ってるんですよ

 

誰かの鼻毛が!

 

小谷:それは元から飛び出してるでしょ!

 

水江:まあ現実の世界は3Dなんですけどね 笑 で、もう1つありまして かおレイヤーっていうおもちゃです

f:id:takuchanpeople:20160710223742j:plain

小谷:なんすかこれ?

 

水江:1年前に本屋さんで見つけまして こういうアプリがあると思うんですけど、これは超アナログで、こんな風に

f:id:takuchanpeople:20160710223859j:plain

長田:アナログですねー 笑

 

小谷:あ!カワイイ!

 

水江:なんでもアプリでやるんじゃなくて、こういうのが1つ挟まるとコミュニケーションが生まれるんですよね

 

小谷:大事ですね

 

水江:映画祭なんかに持っていくと、言葉が通じない外国の方とも仲良くなれるんですよ

 

小谷:外国人好きそうやな!

 

水江:僕、これを使ってTwitterに写真をあげてたら、ニュージーランド在住の作者の方とつながって仲良くなったんですよ そしたら、今年の9月にニュージーランドに呼んでもらえることになりまして

 

一同:えー!

 

水江:向こうの大学で、公演したりアニメーションを上映したりする予定でして 場所がニュージーランドオークランドってとこなんですけど、そこと福岡市が姉妹都市なんです さらに今年が締結30周年の年で、そこからの予算で僕が行けることになったんです

 

一同:スゴイな!

 

小谷:1280円ですよ!それでニュージーランドに呼ばれる!誰が見てるかわからないですねー

 

森子:世界の水江ですもん!

 

小谷:いやー 今日はいい出会いでしたね 3人はお互い知らなかったんですから

 

 

スターウォーズの話でもわかる映画好きの水江さんが持ってきてくれたのは、「3Dメガネ」 そして、もう1つ「かおレイヤー」という おもちゃ これが、こんなに素敵な出会いを生んでくれるとは!

 

 

 というわけで、もっと他力本願!第1回は 小谷のネットワークから集まっていただいた 水江未来さん、森森子さん、長田さんという お三方とのトークでした

現在、第2回のスケジュールを調整しております

第2回は、水江未来さん、森森子さん、長田さんに 1人ずつゲストを紹介していただきます

次回の もっと他力本願!でゲストを発表できればと思っております

ホントに「はじめまして」な方々が集まりますよ!楽しみ!

 

では、もっと他力本願!第1回でした!スゥィーユゥー!

 

 

こちらのブログの更新情報などをTwitterで告知しております

ホームレス小谷のもっと他力本願!Twitter

フォロー シクヨロ方面で!

 

 

編集:ヌマタリョウ Twitter

 

 

 

005 もっと他力本願!第1回 〜其の5〜

はい!更新!其の5です!

水江さんの続き ~ 森子さん的DJダイノジ話 ~ 天才万博の話までとなっております

長田さんのチョイとキケンな話は、ここでもカット!もったいない!

ってな感じで START!

 

 

小谷:水江さんスゴイっすよ あんなアニメーション見たことないっすもん

 

水江:アニメーション、まあ大変なんですよ 例えば1秒作るのに24枚絵を描かなきゃならなくて、スゴイ時間かかるんですけど 1秒で終わっちゃう

 

森子:僕、おもしろいなと思ったのが、映像を撮ってると 例えば鳥が飛んできてそれが映っちゃう それって偶然じゃないですか でもアニメで描くものって全て必然のものしかないっていう

 

水江:そうそう 意図したものしか入らない

 

小谷:しかも、全部手書きってのがスゲーなって 天才万博の作品もねぇ?

 

え!あれ手書きなんすか!

 

小谷:全部手書きなんすよね

 

いやいや いっぱいギャラ払わないと!

 

一同:

 

水江:分割で頂いてます!

 

一同:

 

 

職業病

 

水江:僕ね、細部に気がいっちゃうんですよ その壁紙の模様とか気になりだしちゃうと止まらなくなったり で、最近怖いのが「鼻の穴」

 

一同:鼻の穴?

 

水江:はい ついつい目がいっちゃうんですよ 鼻毛が出てないか?ってスッゴイ気になっちゃうんですよ

 

小谷:僕、よう出てますよ

 

水江:近くに行って鼻を見ちゃうんですけど、「この人、わたしの鼻見た?」って思われないように、パッと目線を逸らすんです で、怖いのが キレイな女性の鼻毛が見えちゃったときに、自分がそれを受けとめきれるのか!?という

 

一同:爆笑

 

水江:怖いけど見たい!細部を見たい!でも出てたらどうしよう!っていうせめぎあいで、伏し目がちになってる自分がいるんですよ!

 

小谷:なにで悩んでんすか!笑

 

一同:爆笑

 

水江:自分の高すぎる能力に怯えてます!

 

一同:爆笑

 

水江:アメコミのヒーローみたいな このスゴすぎる超能力、どうしよう!みたいな

 

街を破壊してしまう!笑

 

一同:爆笑

 

小谷:そんな気になってんすね!笑

 

水江:細部が気になっちゃうんですよ

 

職業病ですね

 

水江:そうなんですよ で、肩こりもひどくて耳の裏までズキズキして 目からきてるみたいですね

 

小谷:運動するといいんじゃないですか?DJダイノジさんのとこで踊るとか?

 

森子:痙攣しますよ

 

一同:

 

 

ストイックスタイル

 

小谷:水江さん、好きな曲とかあります?

 

水江:そうですね 90年代あたりの曲が

 

小谷:DJダイノジさんで90年代ナイトってのやってますよ

 

森子:そうそう 笑

 

小谷:長田さんもバンドやってたってので、90年代好きなんじゃないすか?

 

長田:90年代いいっすよね

 

小谷:これ、みんなでDJダイノジさんのイベント行ったら楽しいっすよ!

 

森子:そういえば、こないだホリエモンさん来てくれましたよ!

 

小谷:来てましたね!大絶賛でしたよ あとミスチルの桜井さんね

 

森子:6月から一緒にツアーを回らせてもらうんですよ

 

一同:スゲー!

 

小谷:桜井さんも褒めてましたよね?

 

森子:一番楽しい音楽の楽しみ方はこれだ!って

 

小谷:色んなミュージシャンとコラボしてね パフォーマーさんも全員入れ替わってて、最初からいる人って森子さんだけっすもんね

 

森子:そうっすねぇ

 

小谷:今の方が楽しいんじゃないですか?

 

森子:前は、ストイックすぎましたね お客さんがぶっ倒れるってのが大谷さんの一番の満足だったんで

 

一同:

 

小谷:森子さんだけは、今もそのストイックスタイルを継承してる人なんすね?

 

森子:そうそうそう 笑

 

小谷:一番キツかったのってどんなんなんすか?

 

森子:一番というか、僕の初舞台ロッキンオンジャパンなんすよ 2万人の前で

 

一同:えー!スゴイ!

 

森子:大谷さん、ドSなんでそうやってるのが楽しいんですよ

 

小谷:エアコン切ったりするんですよね?

 

森子:暖房入れてます

 

一同:えーっ!

 

森子:夏でも入れてますよ

 

水江:処刑法ですか?

 

一同:

 

小谷:聞いた話なんですけど、ある会場に一か所しかエアコンが無くて、そこから冷房が出てて、お客さんみんなそこに集まっちゃったっていう

 

森子:そうそう!最後、みんなで肩組んで大団円な予定だったんですけど、全員エアコンの下に群がっちゃって

 

一同:爆笑

 

小谷:みんな変な人ですよ 長田さんは山形のおっさんに恋をして、水江さんは細部が気になりだしたら止まらない、森子さんは無限のスタミナ

 

永久電池!

 

小谷:永久電池ってええな!笑

 

水江:森子さんが一番健康的!

 

一同:

 

 

そして、天才万博の話に

 

今年の天才万博、チケット売れてます?

 

小谷:今年は早いっすよ もう200枚くらい売れてますね

 

一同:おお いいっすねー

 

小谷:去年の今頃は50枚くらいでしたね 年々売れてきてます それなんで、水江さんにはどんどん売れていってもらわないと

 

他力本願ですねー 笑

 

小谷:渋谷の女子高性が「水江ヤバくね?」って言われるようにね 笑

 

水江:僕、渋谷の女子高生怖いっすから

 

一同:

 

小谷:鼻の穴見てんのバレたらマズいっすよ!

 

水江:「なに鼻の穴みてんだよ!」

 

小谷:いや!そんな怖くないと思いますよ!渋谷の女子高生!

 

一同:

 

水江さんのギャラは、長田さんに借りるってことで

 

小谷:頑張って捻出しますよ!

 

長田:借用書用意しますよ!

 

小谷:いやいや!ちゃんとします!

 

一同:

 

P:小谷さんは気を付けないと集まったお金で寿司食っちゃいますからね

 

小谷:すいません!私利私欲に走ってしまいました!

 

P:Twitterで叩かれてましたから

 

一同:

 

小谷:でも、天才万博1年目より やっぱ去年の方が笑いも多かったし感動の涙もあったんですよ DJダイノジさんが入ってくれた事が革命的だったんです

 

P:僕もステージに上がって踊りたかったです!

 

小谷:さらに水江さんのVJとも合わさって、スゴい多幸感が生まれたんですよ!

 

水江さん、ギャラ ハネ上げたほうがいいですよ!

 

水江:ハネ上げたところで、長田さんから お金が回ってくるんですよね?

 

一同:

 

山形のおっさんの映像も入るかもしれないですよ!

 

小谷:誰やねん!びっくりするやろ!

 

一同:爆笑

 

 

話は終盤、このあたりになると初対面だったみなさんの話が混ざってきて、いい感じに

そして、現在 僕らは第2回のスケジュールを練っております

第1回は、次回がラストの予定!最後までシクヨロ方面で!

 

 

こちらのブログの更新情報などをTwitterで告知しております

ホームレス小谷のもっと他力本願!Twitter

フォロー シクヨロ方面で!

 

 

編集:ヌマタリョウ Twitter

 

004 もっと他力本願!第1回 〜其の4〜

お待たせしました!前回から続きます ミズエサントーク エピソード2 でございます 小谷との出会い、お仕事のことから、趣味のお話まで!

  

今回も 同じ写真を使いまわすぜベイベー!

f:id:takuchanpeople:20160605224300j:plain

 

 

話をちゃんと集中して聞けない

 

小谷と水江さんの出会いってどういった感じだったんですか?

 

小谷:もともと水江さんとキングコングの西野さんが知り合いで 僕が西野さんに「天才万博でVJ、アニメーションを流したい」って相談したら、西野さんが「水江さんの作品が素晴らしい」と すすめてもらって そこから僕がツイッターで直接連絡させてもらったんですよ

 

水江:そしたら、その後 道でばったり会ったんですよ

 

小谷:そうっす!そうっす! で、DMでやりとりしてたんですよ 水江未来っていう名前、絵も中性的な絵で、ツイッターのアイコンも当時、キャラクターの絵だったんですよね そんなんで、女性だと思ってやり取りしてたんです そしたら、渋谷の映画館の前ですよ 「小谷さん!水江です!」って声かけられて めっちゃ男やん!て

 

一同:

 

小谷:そこが、初めて顔合わせたとこですね

 

水江:よく、女性と間違われるんすよ ツイッターの検索で「水江未来 男」って入れると「水江未来って男だったんだ」って出ます

 

小谷:名前が女の人っぽいすもんね

 

水江:よくそういうイメージを持たれます

 

小谷:水江さんは もともとGLAYのTERUさんが作品を見られて「とてつもない才能だ」と で、西野さんにTERUさんから連絡がきて「水江さんの作品を見に映画館に行った方がいい」っていう順番ですよね?

 

水江:TERUさんの紹介から、西野さんにお会いして、西野さんの紹介から…

 

小谷:乞食が来たと

 

一同:爆笑

 

小谷:その年は、夏にGLAYエキスポ、冬に乞食のエキスポ!

 

水江:そうそう!ふたつのエキスポをやったんですよ 笑 GLAYエキスポでマスコットキャラクターを作って、そしたらGLAYのファンが「気持ち悪い」と 「なんなんだこのマスコットキャラクターは?」「せっかくの20周年なのに」って

 

一同:

 

小谷:笑 いやー ど天才ですよ 世界で何個も賞取ってるし カンヌのアニメーション部門でも1番取ってるんですよね

 

海外の色んなとこで上映されてるんですよね?

 

水江:毎月どっかしらの映画祭で上映されてたりします

 

小谷:海外に行くと「ミズエー!」ってサイン求められたりするんすよね?

 

水江:そんな感じです 笑

 

一同:スゲー

 

水江:海外の映画祭で知ってるアニメーション監督に会うと「ハーイ ミライ!」って 声かけてくれるんですけど、僕、英語が喋れないんで、力強く「ハーイ!」って言うだけで終わるんです

 

一同:

 

小谷:水江さんって、ちょっと変というか、絵を描き続けてるんで想像力が豊かすぎるんですよ 今日の集まりのために、みんなでライングループ作ったじゃないですか で、水江さんに確認したんですよ「グループ組みますね」って そしたら水江さんから「一応確認なんですが、それってSMAP的なグループじゃないですよね?」って

 

一同:爆笑

 

水江:そんな簡単にグループ組めないから!

 

小谷:そんなわけないやん!

 

水江:僕ね、話をちゃんと集中して聞けないんですよ 意識がポンとどっかにいっちゃう時があって そんな時にグループ組むとか言われたんで「はい!」と言ったものの、ん?待てよ?これって、ちゃんと考えなきゃダメな事なんじゃない?ってなって

 

小谷:いや、電話で5分も話してないでしょ!それで意識どっかいきます?笑 いかへんやろ!

 

一同:

 

 

敗北感を味わいました

 

水江:西野さんのトークライブに呼んでもらったこともあるんですよ ほぼ初対面で TERUさんに紹介されて西野さんが僕の映画を見てくれて 見終わった後に挨拶したんです で「今度、飲みましょうね!」ってなって それから、なかなかお誘いこないなーと思ってたら「トークライブ出てください」と いきなりそれか!と

 

一同:

 

水江:まあ、頑張らないとダメだと思って頑張ったんですよ!西野さんとしゃべるとね、安心感がスゴイんですよ!

 

小谷:西野さんの安心感はスゴイすよねー

 

水江:全部拾ってオイシくしてくれて、笑ってもくれるし そしたら、そこから普通の人と会話できなくなっちゃって

 

一同:爆笑

 

小谷:気持ちよくなってもうて!

 

水江:「なんで返してくれないの!?」「そこはそうじゃないだろ!!」って 笑

 

小谷:舌が肥えちゃったみたいな

 

水江:それから、茂木健一郎さんの番組に西野さんと出させて頂いたことがあって その時も「がんばるぞ!」と思って出たんですけど なんていうか、ブラジル代表とサッカーしてるみたいな感じというか 僕の話題の時になって、僕が話すじゃないですか そしたら、そこに食いついて話のボールを持っていかれるんですよ「ボールを一回持っていかれたらもう戻ってこない!渡しちゃダメだ!」と

 

一同:

 

小谷:いやいや!水江さん 芸人じゃないんですから!笑

 

水江:編集でいい感じのバランスになってましたけど、実際のボール支配率は圧倒的で、敗北感を味わいました

 

小谷:いやいや!味わわなくていいんですよ!

 

一同:

 

水江:でもやっぱり、アニメーション作家と言っても自分のジャンルを伝えるためにトーク力は必要だったりするんで、しゃべれないといけないんですよ

 

小谷:はいはい

 

水江:専門的な話をするんじゃなくて、自分のやってることがファンだけじゃなくて知らない人にも知ってもらわないといけない そのためには、わかりやすく興味を持ってもらえるように話せないとダメかなと

 

小谷:そんなんで、西野さんと話すのは勉強になると

 

水江:勉強になるんですよ

 

小谷:ストイックすぎるんですよ!笑 もっとゆるくトークしましょうよ!

 

 

ここからは、水江さんの趣味のお話し わたくしも同じ趣味を持っていたので、興味津々でありました!途中、このブログのP(プロデューサー)から小谷との汚ねぇ~思い出話が挟まりますが、それもまた人生 ということで御勘弁!

 

水江:僕ね、サウナが大好きで色々なとこに行ってるんですよ いつか、コラム書を書きたいですね

 

僕も好きなんですよ!

 

水江:最近ハマってるのは「テルマー湯」ですね

 

よしもと本社(新宿歌舞伎町)の目の前ですね

 

水江:スゴイキレイなんですよ

 

森子:サウナファンは水風呂なんですよね?

 

そうなんですよ! 水風呂とのセッション!

 

P:小谷さんと一回サウナ行ったとき、水風呂でチョイゲロしましたよね?

 

一同:爆笑

 

小谷:いやね、親子丼、ざるそば、たこ焼きいって、酎ハイぶち込んで そのまま風呂行ったんすよ お腹パンパンで、サウナから水風呂で〆た瞬間に腹がバチッてなって

 

一同:爆笑

 

P:やけに水風呂の水を捨ててるな?と 何してんだ?と思って

 

小谷:その銭湯にやたら風呂の入り方にキビシイ力士の方がいるって聞いてて、もしチョイゲロなんて見つかったら、即 のど輪ですよ!必死に水捨てましたわ!

 

一同:爆笑

 

 

ものすごいドキドキするんです!

 

水江:僕にとってのサウナは、ディズニーランドに代わるものですから

 

その通り!

 

小谷:ほんまかーい!

 

水江:小谷さん、大阪時代はサウナ行ってなかったんですか?

 

小谷:いや、僕あんまり行ってないんですよ

 

水江:大阪といえばサウナですよ サウナニュージャパンっていうのが難波と梅田にあって 梅田店がスゴくて、進行する手順があるんですよ

 

一同:ほうほう

 

水江:まず受付で、ロッカーのカギをもらうんです で、ロッカーに向かう ロッカーに着てた服を全部入れるんですけど、そこに普通は館内着があるはずなんですけど、それが無いんです 

 

小谷:簡単な浴衣みたいなヤツっすよね

 

水江:で、少し歩くとタオルが置いてあって、やっと前を隠せるんですよ 距離にして5メートルくらいなんですけど、ものすごいドキドキするんです!裸にされた!どうしよう!って

 

一同:

 

小谷:水江さんは常に楽しんでますね!

 

水江:で、そこから歩いていくとまずプールがあって、横にデカパンが置いてある プールに入る人は、このデカパンを履いてくださいと その横に寝ころび場があって、デカパン履いたおっさんたちがゴロゴロ寝転がってるんです さらに突き進むと、あかすりコーナー、体を洗うとこ、いくつかのお風呂があってその先の螺旋階段を登ると露天風呂があるんですよ で、そこにもデカパンとバスタオルしかないんです

 

一同:はいはい

 

水江:その先にマッサージコーナー、さらに先に食事できるとこがあって、そこでやっと、館内着が置いてあるんですよ

 

小谷:館内着 遅っそ!

 

一同:

 

水江:ロールプレイング感スゴイんですよ!

 

小谷:やっと服を装備できた!

 

水江:サウナニュージャパンの梅田店は、ホントにドラクエ感を楽しめるんで、ぜひ行ってみてください

 

 

水江さんのサウナのお話し わたくしもこの原稿を編集する前にサウナに行ってまして、もっと水江さんとサウナトークをしたかったんですが、終電時間に魔法が解けて、西武線がカボチャに変わってしまう!ということで、そろそろな感じになってしまいました 残念!


でも、もっと他力本願!第1回は これで最終回じゃないぞよ もうちっとだけ続くんじゃ

 

こちらのブログの更新情報などをTwitterで告知しております

ホームレス小谷のもっと他力本願!Twitter

フォロー シクヨロ方面で!

 

 

編集:ヌマタリョウ Twitter